So-net無料ブログ作成
検索選択

逆鱗抵触ストーリーその3 [コラム]


「ボク、お父さんいないんで」寺田心はそのとき坂上忍に嫌悪感を抱いた。コノヤロー坂上忍……。

こいつ、ボクが偉大なるおっちゃんの子供になりすましていることを知ってて、――やりやがったな。


<ごめんごめん、いいこいいこ>坂上忍は寺田心にしかめっつらで言い返されとんでもなくびびってしまった。 子役の先輩であるこの俺が寺田のチビにびびるとは――、坂上はプライドをキズつけられた屈辱感で動揺したのであった。俺はもうテレビではやっていけないかもしれん。いつかとっちめてやるからな心、おぼえておけよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: