So-net無料ブログ作成

夢界伝 その3 [コラム]

それは覚えのある道路だった。うしろから「おはようございまーす」誰だと思ったら寺田心だった。先生にいってるような挨拶だ。父親でもなんでもないわしは師匠?にされたのか。わしはとにかくちゃっちゃい寺田心の頭をなでながら「無理すんなよ」といってやった。

するとこころが「ボク死にます」と呟いた。巨人ファンのこころに頼られても、わしを師匠にするようでは巨人は勝てんやろ。■ある日、電話がかかってきた。しばらくなにもいわずにいる、すると微かな声で「こんにちわー」といってきた。寺田心の声に聞こえたのは気のせいか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0