So-net無料ブログ作成
検索選択

マスコミ政治による日本社会の損失 [コラム]

政治家に偉大なる男が出現しないのはどういう理由からなのだろうか?自民党にしてもマスコミに振り回されるだけの弱点だらけの無能集団と化している。創価学会公明党といっしょだからなのか?そもそも公明党と与党というのは奇奇怪怪な話である。すべては村岡兼造(慶応大学)が東京小石川卒であるにもかかわらず本荘を詐称したことにあるといっても過言ではない。これで歯車が完全に狂ってしまい、日本社会は混迷を深めることとなった。そもそも誰もその件について私に教えることもなく、マスコミも知らぬふりして黙っていたから、3、40年の損失は計り知れない。村岡はなぜか小泉を支持するとやらで当時の橋本派を離れていったのも奇奇怪怪な話であった。これより小泉純一郎一派がマスコミの支持を得て調子付くことになる。その手下である小池百合子が都知事の椅子を強奪し、公明党と組んで都議会をも制圧するにいたった。そもそも自民党は公明党が東京において協力関係を断ったにもかかわらず、国政ではいまだに手をきれずにいるのはきわめて愚鈍、不信を募らせる。



■魔天狗マスコミは私の系統の者を極度に嫌い避ける傾向があることを知れば、今の政治家権力が魔天狗マスコミの身内だけで回っていることに気づくだろう。未曾有の人間?である私について妙智会・創価学会等の詭計団体が情報収集してNHKなどメディアに入れ知恵してきたとしか思えんのである。これほどマークされてきた凄い私だが「魔網」を突き破るのは容易ではない。その魔網メディアに好かれている都知事・小池百合子は「ヒアリ」の女王アリにチョーそっくりだ。じゃ、よろしゅう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0