So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

桜三国志「校」の戦争 [コラム]

文部省の高校二極化競争推進策はメリットよりもデメリットのほうが大きいといわざるをえない。譬えるなら本荘陣営を「正極高校群」とし、秋田陣営を「負極高校群」、大学付属高校・定時制・通信制を「第3極高校群」とするのがおれどんの大枠のとらえ方だが、たとえ正極高校群でもおれどんになじめない連中とかナリスマシ・偽者などもいるわけで油断ならないものでござろう。第3極はまた正極寄りと負極寄りに分かれるが正極そのものではないためイマイチな具合なのである。実は正極高校群の者でないと「究極奥儀」は修得できないといっても過言ではないだろう。負極高校群その他はその者のために邪魔したりしていろいろ試練を与えてやる役目かもしれん。ちなみに会社でも正極、負極、第3極があり、例えば読売巨人軍のように負極組織集団が正極高校群を集めてもたいしたことにはならんだろう。じゃ、よろしゅう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

女総理は不可能 [コラム]

野田聖子とか小池百合子、稲田朋美、小渕優子などを総理候補などと持ち上げる連中がいるが、「性病女」には無理というもんだろ。文商ヤクザの二大巨頭読売・朝日と負極高校群の連中にめをつけられた段階で性病に罹ったようなもんだからだ。しょせん文商ヤクザの二大巨頭読売・朝日と負極高校群の連中がはやしたてているにすぎんやろ。だいたい女総理なんちゅうもんは話にならんやろ。正極高校群の男が総理になるのを阻止する逃げ道でしかない。こんな性病臭い女どもに頼らずともそのうち正極高校群出身の快男児が出現するぞ~。じゃ、よろしゅう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

憲法改正の主旨 [コラム]

昔々その昔、誰も憲法改正論議に踏み込めなかったところに私が憲法改正を切り出した手前、私の憲法の主旨とはどういうものなのかというのを開陳したいと思う。安倍晋三と菅義ひではわきまえることだ。つまりおたくらがやれる事案ではないということだ。

天皇(男系)・皇室の永劫存立と日本臣民の国家運営従事(修理固成)義務が眼目である。これに尽きる。これを明文化しないというのはありえない。



■憲法改正する内閣総理大臣は正極高校群の者でないと辻褄が合わない。安倍晋三は成蹊という第3極なのでうまぐね。実は成蹊高校出身にろくでもねえ人物がいるため非常に印象が悪い。官房長官の菅義ひでも創価高校という第3極で正鵠を射ない者だ。消費税(売り上げ税)も秋田では私が考案したことになっているわけで財務省は大臣・事務次官とも正極高校群の者が任ぜられるのが正着かと思われる。今、大学付属高校(第3極)出身の麻生がやっているが解任が正着だ。およそ文商ヤクザの二大巨頭のマスコミ読売とマスコミ朝日は正極高校群を警戒、忌避しているのは明らかである。スポーツ界とか芸能界に押しやられ左遷的な待遇を強いられるているようなもんではないか?そもそも正極高校群には男の甲斐性のあるもんがいないせいかもしれんが、なんともならん。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事